組合会計システム

組合会計システムの特長

マンション管理適正化法対応

  • 日常業務で培われた収入・支出のデータを元に毎月の余剰金の自動計算を行い、資金移動報告書(対組合)・資金移動額一覧表(社内資料)の作成ができます。
  • 通帳/印鑑の詳細情報の登録ができ、1.口座情報一覧表 2.残高一覧表 が出力できます。
 マンション管理適正化法とは 
マンション管理適性化法とは、平成13年に施工された「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」のことをいいます。
管理会社には国家資格であるマンション管理士の確保、マンション管理業者の登録制度、適正な会計報告等に対応が求められるようになりました。
日々の管理業務だけでなく、月次収支や苦情報告・対応などの迅速な情報開示、作業管理や会計連携など、マンション管理業界では事務効率の向上とコスト削減等が業界共通の課題となりました。

豊富な未収・滞納改善機能

  • 滞納状況別(滞納月別など)督促状の一括発行はもちろん、遅延損害金の自動計算&督促状出力が可能です。
  • 未収者に対する様々な口座振替依頼方法に対応可能です。
mishukin

▲ 請求入金履歴問合せ

resolution_law02

▲ 月次収支報告書のスムーズな提出をサポート

月次報告書 / 決算書の作成機能

  • 貸借対照表、収支計算書以外にも入退去一覧、財産目録等の帳票出力が可能です。
  • 発生した科目のみを自動表示しているため、煩わしい設定作業をする必要がありません。

組合会計システム構成図

summary_kumiaikaikei

組合会計システム機能

顧客情報管理

  • 登録された区分所有者情報はExcel出力できます。
  • 駐車場などの有償設備の契約状況/空き状況を画面で問合せできます。(契約・・青、空き・・赤)
  • 各組合ごとに細かな設定が行えます。
    棟別(団地型)会計/検針業務の有無/科目名/決算書様式/会計区分(9つまで)/前受か当月か

請求 / 入金管理

  • ルーム問合せで現在までの請求と入金の履歴を科目明細レベルで確認できます。また、未収や前受金の現時点の残高も一目で確認できます。
  • 過去の入金・未収データも明細レベルで管理します。
  • 過去に遡ってのデータ修正と再集計が行えます。
  • 期首~期末まで決算期間の入金履歴が一覧できます(個人別納付状況表)。
  • 1住戸につき、請求相手先を最大9口座まで登録できます。
  • 組合入金(収納)口座は12口座まで登録できます。

収支業務

  • 何度でも自動仕訳が行えます。
  • データは即時更新しているため、月次の締め処理は必要ありません(期末締め処理のみ)。
  • 月次決算書は、「月次収支推移表」、「収支報告書」、「貸借対照表」の3つが作成できます。
  • 上記決算書と総勘定元帳は印刷の他、Excel出力ができます。
  • 予算管理機能を装備しています。

顧客情報管理

  • レイアウトに合わせて用紙サイズを自動選択して印刷します。
  • データベースは、Oracleを採用。大量のデータ処理も問題なし。
  • プレビュー機能で、ほとんどの帳票を画面で確認できます。
  • 管理会社様のご要望に合わせて柔軟にカスタマイズ対応を致します。

「組合会計システム」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

フロント業務システム

顧客情報・業務情報の見える化を実現

「フロント業務システム」を見る

マンション管理業システム「MANSION21 Smaw」についてお気軽にご相談ください。